癒しの就活カフェ

就職や就職活動の事でお悩みのみなさん、お姉さんに任せなさい!
unicre-navi 2008

ユニクリナビ2008



プロフィール

姉さん

Author:姉さん

就職相談はこちらまで

1999年4月 (株)アソウ・ヒューマニーセンター入社。2004年 (株)ユニバースクリエイトの専属カウンセラーとして勤務。 得意分野はマスコミ・出版社 。特技はラッピング、趣味は観劇です。 一人で悩まずどんな事でもご相談ください。一緒に就職戦線を乗り切りましょう!



最近の記事



ご相談はこちら

お名前:
メールアドレス:
件名:
相談内容:



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク



フリーエリア

ポチっとクリックお願いします
人気blogランキングへ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターンシップ

「九州魂」のガラちゃんのブログに弊社での
社内業務の「発見」「戸惑い」「気付き」が
書いてありますが・・やはり実際に体験する
と色々と感じる事がありますよね。

職種や企業を選択する際には「噂」「想像」の
範疇で惑わされないようにして下さい。

実際に自分で体験しないと真髄は
分からないと思います。

相談の中で「何に向いているのか分からない」
「営業は大変そう」などという相談を受けますが
・・それは就職活動をしている皆さん全員が分からない
事です・・実際に働いて初めて気付くのだと思います。
自分の気持ちに正直に突き進むのが一番の解決策かも知れません。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

人に教えていただいた事をスルーパスします
***三回の壁***
山登りをしていると、三回、壁にぶち当たる。
「一回目は、登り始めて間もない時だ。」
勢いこんでスタートし、ほんの少し登り始めたところで、誰でもみんな頂上を見る。
そして、愕然とするのだ。
自分の目指す頂上があまりにも遠いから。
そういう時は、足元を見て歩くことだ。
どうせ遠い頂上だ。目標を見つめる必要なんてありゃしない。
ただ、一歩、一歩、アリの何百歩か何千歩だと言い聞かせながら、
黙々と歩くしかない。
先を見ないで、足元をしっかり見て歩くって事。
「二回目は、ちょうど真ん中あたりまで登った時だ。
この時の壁というのは、一回目のものとはちょっと違う。
「飽き」・・・・という壁だ。
なんでこんな事をしているんだろう。景色にも食料にも
なんとなく飽きてしまう時の壁がこれだ。
そういう時はね。別の目標を作れ、
たとえば、頂上まで行ったら、恋人に手紙を書こうとか
一時間歩いたらコーヒーを飲もうとか、
くだらなくてもつまらなくてもイイ。
まったく別の小さな目標を自分でこしらえて、
そしてその遂行だけに心を傾ければいいのだ。
「そして、3回目の壁。」
これが一番恐ろしい壁だ。
頂上は目前。
これは安堵と疲労という壁だ。目標が自分の手に届くところまでにきた段階が、実は一番、おそろしい。
もう大丈夫という気持ちが、気のゆるみを生み、とんでもないミスの原因となる。
気持ちは高ぶっていても、身体は疲労こんぱいしているわけだし、
自分ではっきり意識できない壁だけに、よほど気をつけないといけない。
だから、
あと少しという時には、そのまま突っ走らずに必ず
休息を取り、今までの経過をきちんと頭でたどり、
日誌でも書くくらいの気持ちで
なければダメだ。
自分が何かの「壁」にぶち当たったと感じる時は
まずは冷静に、その壁がどんな壁なのか、把握できるようにしたい。
そのために必要なのは、まず、自己認識。
なんで今、自分がこんな状況なのか、自分のどんな性質が
その状況を引き寄せているのかが、
自己認識さえできていれば、「わかる」はずだから。
そして、そこから、
それの対処法も、考えていけばいい。
こうした時・・・・・・・・・・自分で考えるのは勿論、
第三者の意見も、聞くと、
はっきり、「見える」かも・・・しれないですね。
【2006/05/22 13:12】 URL | 同世代 #79D/WHSg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://unicre03.blog77.fc2.com/tb.php/56-bccf1332
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。